東淀川区 崇禅寺

東淀川区 崇禅寺
大阪市東淀川区にある崇禅寺(そうぜんじ)。
阪急京都線の崇禅寺駅から北に徒歩5分ほどの場所にある曹洞宗のお寺です。700年台に行基により創建されと言われている由緒あるお寺ですね。
 
1441年6月の「嘉吉の乱」で室町幕府第6代将軍足利義教が赤松満祐に殺害され、その首は満祐によって持ち去られましたが、帰国の途中にこの寺に義教の首放置していったそうです。その後、細川持賢は、嘉吉2年(1442年)義教の首を祀り、崇禅寺を足利義教の菩提寺の一つとして曹洞宗に転宗させて再興したそされています。
詳細は、崇禅寺のWikipediaが詳しいですね。

 
また、崇禅寺は、戦国武将の細川家の菩提寺でもあり、関ケ原の戦いの前に自害した細川ガラシャの遺骨が納められているとされ、ガラシャのお墓があります。

崇禅寺の南門
崇禅寺の南門。通常は締め切られています。

崇禅寺の西門
崇禅寺の西門。

 
 

崇禅寺の情報
店名読みそうぜんじ
ジャンルお寺
所在地大阪府大阪市東淀川区東中島5丁目-27-44
最寄り駅阪急 崇禅寺駅
その他

 

【崇禅寺 地図 】

 

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

崇禅寺
Average rating: 
 0 reviews

コメント